>

サラブレ 必勝ブログ!

競馬 G1戦などの予想・レース結果を紹介
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
楽天
紹介
紹介
必勝サイト!
競馬予想・情報ならスリーエイトの軸馬から! どんなレースでも『確信』の馬を教えます! 無料情報でガッツリ稼いじゃってください! 当社の競馬投資の考え方として「利益が一番出やすいのは追い上げ」と考えております。 実際、追い上げは均等買いより利益が倍以上生まれやすく、仮に3000円台の馬券をコンスタントに当てられる予想力を保持しているなら相性が抜群といえます。つまり3R〜4R予想して1R当たっていくと確実に利益の獲得が可能にななります!(^^)! 競馬予想支援ポータルサイトのデジ馬.comはメールマガジンを発行し、優良予想会社の情報および専門家のコラム(専門紙日刊競馬の編集長のコラム、競馬中継グリーンチャンネルのキャスターの現場の声)をお届けしています。また、競馬予想にかかわるデータや狙い馬、週末に行われた重賞の速報など、随時お知らせしております。競馬に関する情報は網羅しており、競馬ファンのみならず馬券ファンにも強い味方になること間違いナシです。
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
アルゼンチン共和国杯!11月9日
アルゼンチン共和国杯!

11月9日

日本との交流のためにできた、アルゼンチン杯(*^_^*)

地球の裏側の国の名前が付くた大会が、開催されるなんて、競馬って国際的競技ですね!
 
さて、注目点は出走馬の内容ですが・・・最多出走数を占めるのは、近2走と比べて、このレースでの負担重量が「最も軽かった」馬で、3着以内馬30頭のうち20頭を占めている。

ただし、率の上では、このレースでの負担重量が「前走と前々走の中間」だった馬が、すべてのカテゴリーでトップの数字を残している。また、トップハンデ馬の成績を見ると、11頭が出走して、3着以内に入ったのは3頭のみ!


苦戦気味と言えそうだ。 過去10年の出走馬が、その年の8月以降に出走していたレース数別の成績をみると、8月以降に2走以上レースを使われてきた馬が、3着以内馬30頭中24頭を占めていた。夏場を休養に充て、一叩きされてこのレースに臨んでくる馬も多いが、あまり好結果を残していない。休み明けの馬より、継続して活躍する馬に賭けたいですね(^−^)
| kohizuka3 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
武蔵野ステークス!
武蔵野ステークス!


 馬肥える秋!

天皇賞は終わりましたが、まだまだ・・・競馬ファンには目の離せない秋です!

さて武蔵野ステークスは、前走がJRAのレースだった馬について、そのレースでの着順別成績を集計したところ、3着以内に入った17頭中15頭が前走で5着以内に入っていた。

6着以下から巻き返したのは、2003年の優勝馬サイレントディールと2006年2着のサンライズバッカス(前走マーチS8着)だけである(*^_^*)
 
そして、前走がJRA以外のレースだった馬について、そのレースでの着順別成績を調べたところ武蔵野ステークス!、3着以内に入った7頭のうち6頭が前走で連対を果たしていた。前走で大敗していた馬の巻き返しは、なかなか難しいようだ!
| kohizuka3 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
11月の主なレース
★主な11月のレース!
日付   名称   等級   競馬場   距離コース 

1日 スワンS G 京都 芝1,400m 2日 天皇賞(秋) G東京 芝2,000m

 8日 武蔵野S G 東京 ダ1,600m
 
9日 アルゼンチン共和国杯 G 東京 芝2,500m
 
9日 ファンタジーS G 京都 芝1,400m 15日 京王杯2歳S G 東京 芝1,400m

15日 京都ハイジャンプ G 京都 障3,930m 16日 エリザベス女王杯 G 京都 芝2,200m

22日 東スポ杯2歳S G 東京 芝1,800m

23日 マイルチャンピオンシップ G 京都 芝1,600m

24日 福島記念 G 福島 芝2,000m 29日 京阪杯 G 京都 芝1,200m

30日 ジャパンC G 東京 芝2,400m


| kohizuka3 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
やっぱりウォッカ!
写真判定が出るまで、テレビの映像では、ダイワスカーレットでは・・・と思った競馬ファンも多かったと思いす!(^^)!

東京競馬場で行なわれた天皇賞は、1着から4着までハナ、クビ、ハナ差となる大接戦。長い長い写真判定の結果、1番人気に支持された武豊騎手騎乗のウオッカ(牝4、栗東・角居厩舎)が、ダイワスカーレットを退け、古馬GIの最高峰に立った。勝ちタイムの1分57秒2は、従来の時計を0秒8も縮めるレコードタイム!(^^)!

 レースは予想通りダイワスカーレットが逃げる展開。前半1000mを58秒7と速いペースで引っ張った。先行集団を見るようなかたちでディープスカイが進み、すぐ外目をウオッカが追走する。

直線に向いて、ダイワスカーレットが逃げこみをはかるところへ、馬場の中央をディープスカイとウオッカが一緒に上がってくる。

ラスト200m付近で3頭が並び壮絶な叩き合い。後方から追い上げたカンパニーも加わり、4頭がほぼ同時にゴール板に飛び込んだが、わずかにウオッカが先着を果たした。
 
 ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター(父ルション)という血統。GIは阪神ジュべナイルフィリーズ、日本ダービー、安田記念に続き4勝目。通算戦績は17戦7勝(JRA16戦7勝、海外1戦0勝)。

 ★配当は馬連550円、馬単1,050円、3連複710円、3連単3,250円。

上位人気の決着となり、堅い配当に終わった。(結果・配当は主催者発行のものと照合してください)  なお、武豊騎手は3月のファルコンS以来、約8カ月ぶりの重賞勝ちとなるが、これほど重賞から遠ざかることは珍しい!おめでとう武騎手・・・!(^^)!


| kohizuka3 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スワンステークス  マイネルレーニア!
第51回毎日放送賞スワンステークス
(1日・京都11R1400メートル芝16頭、G2)

なんと!5番人気のマイネルレーニア(佐藤哲三騎乗)が1分19秒9で優勝し、賞金6000万円を獲得した!(^^)!

このレースは佐藤騎手、西園正都調教師ともに初勝利。  マイネルレーニアは一度も先頭を譲ることなく、逃げあしは最後まで衰えずに後続馬を抑えた!
ローレルゲレイロが2着で、3着にはジョリーダンスが粘り込んだ。
 
 払戻金は単勝が940円、枠連が(4)―(8)で1250円。馬連は(7)―(16)で3530円、馬単は(16)―(7)で7320円、3連複は(2)―(7)―(16)で1万5210円、3連単は(16)―(7)―(2)で8万8490円。ワイドは(7)―(16)が1280円、(2)―(16)が1870円、(2)―(7)が1710円だった。〔共同〕
ナイスゲームでした



サラブレジャパン・データリサーチ局が日本の競馬を変える!ワールドクラスの万馬券を掴みとれ
| kohizuka3 | レース結果 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
やっぱりウォッカ・・・
明日にせまる天皇賞!

皆さん馬券は何を買いますか。人気はウオッカが3・3倍で1番人気!(^^)!

 天皇賞・秋(2日・東京)の前日発売のオッズ(午前11時現在)が1日発表され、単勝はウオッカが3・3倍で1番人気となった

。ダイワスカーレットが3・6倍、ディープスカイが4・2倍、ドリームジャーニーが12・1倍で続いている。  

枠連は(1)(7)が5・5倍、馬連は(2)(14)が6・6倍、馬単は(14)(7)が12・7倍。3連複は(2)(7)(14)が6・4倍、3連単は(2)(7)(14)が31・8倍で人気を集めている!




混戦ほど本命ウォッカ!が1位になるでしょう!
 

サラブレジャパン・データリサーチ局が日本の競馬を変える! ワールドクラスの万馬券を掴みとれ
| kohizuka3 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
秋の天王山
女王対決はじまる!

 ウオッカVSスカーレット/秋の天皇賞

今年は、有力候補が目白押しでお思いますが楽しみな天皇賞が、始まる3連休!

テレビの前で楽しみにしている人も思います!(^^)!

さて、そんな中 今回は一押しの「ウォッカ」は前レースで、坂路で4ハロン63秒7。軽く流した感じでも、この時計。やはりモノが違います・・・!

清山助手は「ストライドが大きいので、リズムに乗れる外枠はいい」と前向き!厩舎に戻る際の馬体も、ギュッと身が詰まってボリューム感たっぷり。

「すごくいい雰囲気。納得の仕上げができた」と、G1・2勝の東京で好勝負必至です!

対するは、休養十分の「スカーレット」も侮れません・・・この2頭を中心に私も馬券を購入します・・・ぜひぜひ参考にして”勝ち馬”に乗りましょう!

 
大きな利益を簡単獲得!! 国内外25のサラブレジャパン独自ルートから発信される最重要情報で勝つ!!
| kohizuka3 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
いよいよ後2日(秋の天皇賞!)
枠順確定!スカイは1枠2番いよいよ対決せまる! 

天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、11月2日=東京)の枠順が30日確定し、今年のダービー馬ディープスカイ(牡3、栗東・昆)は1枠2番に決まった。
 ウォカかスカイか!女性注目の天皇賞・・・ことしは、スカイに注目!

  大阪杯以来の休み明けとなるダイワスカーレット(牝4、栗東・松田国)は4枠7番、G1・4勝目を目指すウオッカ(牝4、栗東・角居)は7枠14番、重賞連勝中のドリームジャーニー(牡4、栗東・池江泰寿)は8枠17番に決まった。

7か月休みで休養抜群!秋の大会を制するのはスカイ!

 勝ち馬投票券は31日にウインズ後楽園・新橋・難波・梅田で前々日発売され、11月1日から全国のウインズ、競馬場などで発売される!(^^)!
 


【競馬でなかなか勝てないアナタに】
| kohizuka3 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
天皇賞 過去の実績
天皇賞情報過去の実施機

2007年(平成19年)
メイショウサムソン

着順 枠 馬番 記号 馬名 性 齢 負担 重量 騎手 タイム 着差 馬体重 調教師 単勝 人気

1 1 1 メイショウサムソン 牡 4 58.0kg 武豊 1:58.4   518kg 0 高橋成忠 1 2 5 9 (父)(市) アグネスアーク 牡 4 58.0kg 吉田隼人 1:58.8 2 1/2馬身 430kg 0

河内洋 7 3 3 6 (父) カンパニー 牡 6 58.0kg
福永祐一 1:58.8 クビ 460kg -
2 音無秀孝 6 4 8 15 ポップロック 牡 6 58.0kg O.ペリエ 1:59.0 1 1/4馬身 496kg -
4 角居勝彦 4 5 2 3 [地] コスモバルク 牡 6 58.0kg 五十嵐冬樹 1:59.1 クビ 504kg -
3 田部和則 11 出走予想 各世代のトップクラスの馬が府中の杜に集結して覇を競う一戦は、絶対に見逃すことができないだろう。

メイショウサムソンが出走してくれば、実に3世代のダービー馬が出揃うことになる。“3歳の王者”ディープスカイの若さを買うか、“歴史に名を刻む名牝”ウオッカのコース適性を買うか、“歴戦の雄”メイショウサムソンの経験を買うか、それともまだ連対を外したことのないダイワスカーレットの“堅実無比な戦績”を買うか、じっくり検討する必要があるビッグレースだ。 このレースを盛り上げる最大の役者は、3歳馬ディープスカイ(牡3・昆貢)だろう。

NHKマイルCと日本ダービーを制した、現3歳世代の頂点に立つ存在。それだけに、この秋は菊花賞と天皇賞(秋)のどちらに参戦するかが大きな焦点であった。結果は、東京コースヘの適性の高さを重視して、古馬との対決を選んだ。日本ダービーのゴール前の伸びは、実に鮮烈な印象を残している。初の古馬相手でも、まったく引けを取らないだろう。
 
昨年度のJRA賞最優秀3歳牝馬、ダイワスカーレット(牝4・松田国英)が復帰戦を迎える。4月6日の産経大阪杯を快勝した後、左前の管骨の骨瘤のため休養に入っていたが、9月5日に栗東に帰厩。順調に乗り込みを消化している。ここまで10戦7勝、2着3回。重賞5勝を飾り、連対率10割を誇る実力牝馬だけに、休み明けでも大きな注目が必要だろう。東京コースは意外にも初めてとなるが、2000mでは過去3戦3勝。条件はベストに近い。

メイショウサムソン(牡5・高橋成忠)は、10月5日の凱旋門賞(国際G1)10着からの帰国初戦となる。日程は厳しいが、この馬には秋の天皇賞連覇という大きな目標がある。これまで常にトップクラスの相手と戦い、皐月賞・日本ダービーの二冠を制覇。昨年は天皇賞を春秋連覇している。築き上げた実績は堂々たるものだ。凱旋門賞は、スタートしてから挟まれる場面があって、流れに乗ることができなかった。

帰国初戦で仕上がり状態がカギとなるが、最終追い切りで豪快な動きを見せてくれれば、当然上位争いが期待できるだろう。 前々走の小倉記念に続いて、前走の朝日チャレンジCを快勝したドリームジャーニー(牡4・池江泰寿)も大きな期待を背負って登場する。

これまで朝日杯フューチュリティS、神戸新聞杯を加えて重賞4勝の実績を誇る。日本ダービー(5着)、安田記念(10着)では、ともにウオッカの後塵を拝しているが、今季の状態の良さならチャンスは十分にあるはずだ。4歳の秋を迎えて充実一途、得意の2000mで大輪の花を咲かせてみせるか。 前走の毎日王冠で単勝10番人気ながら3着に入ったアドマイヤフジ(牡6・橋田満)。好位を追走して、上がり3ハロン33秒8(推定)でまとめた。

これまでは、長めの距離でも好成績を収めてきた馬だが、今春の中山金杯を快勝しているように、本質的には中距離タイプかもしれない。金星を挙げる可能性を秘めた1頭だ。 サクラメガワンダー(牡5・友道康夫)は、今年の宝塚記念で0秒3差の4着に入っているように、ビッグタイトルにあと一歩で手の届くところまできている。関東圏のレースに参戦した際に好結果の出ていない点は気にかかるが、前走の毎日王冠では0秒5差の4着に健闘。

徐々にその不安は薄らいできた印象がある。休み明けを1度使われて、状態面の上積みが期待できる今回は、前進を見込んでも良さそうだ。 アドマイヤモナーク(牡7・松田博資)は、約5か月ぶりのレースだった前走の京都大賞典でトーホウアランの2着に入った。今春に日経新春杯とダイヤモンドSを制し、7歳を迎えて花開いた感がある。本来はもう少し距離の欲しいタイプではあるが、今の充実ぶりなら2000mでも侮れないだろう。
 
昨年の天皇賞(秋)で4着に入り、続くジャパンCでも2着に入ったポップロック(牡7・角居勝彦)も忘れてはならない1頭だ。前走の京都大賞典では伸びを欠いて7着に敗れたが、勝ち馬とのタイム差はわずか0秒3だった。スタートが良くなってきた点は喜ばしく、1度叩いた今回、体調面の上積みが見込めるだろう。このメンバーに入っても、底力は上位クラスだ。
 
前走のオールカマー(5着)を叩かれたエアシェイディ(牡7・伊藤正徳)は、虎視眈々とチャンスを窺っている。重賞タイトルは今春のアメリカジョッキークラブCだけだが、この春には安田記念で4着に入り、宝塚記念でも見せ場を作って0秒6差の7着に入っている。東京競馬場では4勝2着4回と好相性を誇り、軽視は禁物だろう。
 




【お金儲けナビ】
| kohizuka3 | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
第51回毎日放送賞スワンステークス
前走 G機G形箸絶好調!

前走の条件別成績を調べたところ、前走GIII組が5頭の優勝馬を含む3着以内馬15頭を送り出す活躍ぶりで、率の上ではすべてのカテゴリーでトップに立っていた。

これに続くのが、3着以内馬10頭のGI組。対して、前走GII組は12頭出走して3着以内に入ったのは、昨年の2着馬フサイチリシャール(前走セントウルS)のみ。また、前走で重賞以外のレースに出走していた馬は、〔1・1・2・51〕の成績で、勝率1.8%、連対率3.6%とかなりの苦戦を強いられている。

ちなみに、過去10年で、2001年と昨年を除く過去8回で、前走GI・GIII組が上位3着までを独占している!
 

 完全ほったらかしの馬券自動運転ソフト
☆当たりまくっております</a>
| kohizuka3 | 競馬出走情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>